• ホーム
  • 株価を操作されている『仕手株』、ANA株は大丈夫?

株価を操作されている『仕手株』、ANA株は大丈夫?

株式投資をしていて、「業績は大してよくない、むしろ悪い企業なのに、ある時から突然株価が急に跳ね上がっている。
何故だろう。
」と感じたことはないでしょうか。
こういう場合、力のある投資家が大量に売り買いをして、株価を操作している可能性があります。
このように株価を操作している人たちのことを「仕手(して)」と呼び、仕手によって株価を操作されている株を「仕手株(してかぶ)」と呼びます。

仕手株は、株価が急騰するのでその分一気に利益が出ることもありますが、逆に急落もしますので、個人投資家はたいていの場合、損をします。
というよりも、仕掛け人である仕手たちは、個人投資家から利益を吸い上げようとしてこのような行為を行っているので、個人投資家は損をして当たり前なのです。
ですから、利益を得るチャンスがあるからといって安易に仕手株に手を出すのはあまりいい選択とは言えません。

そうなると、「自分が今、持っている株は仕手株なのか。
」ということが気になってきますが、仕手株になりやすいのはどのような株なのでしょうか。
先ほども述べましたように、どちらかというと業績があまりよくない株は狙われやすいです。
株価の安い小型株も、小資金で買い集めやすいので仕手株になる可能性が高いです。
その上で、信用取引ができる銘柄となると、空売りが可能になるため、さらに仕手たちの餌食にされやすくなります。

例えば、株主優待券目当ての投資家に人気のANA株ですが、これは信用取引が可能な株です。
株価の変動も大きいため、専門家によっては仕手株だという人もいます。
ANAは優待券目当てで、という方も多いことでしょう。
それならあまり気にすることはないですが、株で儲けよう、という気持ちがあれば、ネットなどでよくANAの株価の動向をチェックする必要があります。

関連記事