• ホーム
  • 日本電産株価が唐突に急騰した際は仕手株を疑うべき

日本電産株価が唐突に急騰した際は仕手株を疑うべき

株式のグラフ

かつて株取引と言えば、資産を持つ金持ちがより資産を増やすために行うもので、庶民には縁遠いイメージがありました。
ですがインターネットが普及し、自宅のパソコンで手軽に取引が行える様になって以降、普通のサラリーマンやOL、主婦といった人達が、空いた時間に積極的に取引を行う様になっています。
今や庶民でも、気軽に参加出来る投資となっているのです。

そんな株取引で安定して儲けを出すには、株価の先読みが必須となります。
というのも買った時よりも、株価が高値を付けた時に売却する事で、効率良く利益を上げる事が可能だからです。
ですが株価というのは、儲けたいという投資家達の思惑が反映され、複雑な値動きをするケースがほとんどだったりします。

更に仕手株の存在が、株価の先読みをより困難にしているのです。
そもそも仕手株とは、資金力が豊富にあるプロ集団が、特定の株式を大量に買う事で、投資家達の注目を集め、株価の釣り上げを行おうと試みる銘柄を指します。
そしてプロ集団は、狙い通りに株価が釣り上がった所で、今度は売却に転じて、株価の急落を引き起こすのです。

そんな風に仕手株というのは、多くの投資家が食い付けば食い付く程に、高い利益を上げる事が出来ます。
そのため仕手株として選ばれる銘柄は、日本電産の株式の様に、株式市場である程度の信頼性があるものだったりします。
なので、日本電産株価が不自然な形で急騰を始めた際は、注意が必要です。
その日本電産株価の急騰が、仕手株によるものならば、直後に今度は急落する危険性が高いと言えるからです。

もっともそんな仕手株の特性を逆手に取り、敢えて仕手株を購入する投資家も居ます。
そういった投資家は、プロ集団が売りに出す前に、株式を売る事で利益を上げるのです。
ですがそういった仕手株の先読みは、初心者には難解なので、日本電産株価が急騰しても下手に手出ししない方が、無難だと言えます。

関連記事
人気記事一覧