• ホーム
  • 小糸製作所、大塚ホールディングス等は仕手株なりにくい

小糸製作所、大塚ホールディングス等は仕手株なりにくい

株というのは欲しいと考える人が多ければ値段が上がり、逆に売りたいと考える人が多ければ値段が下がるものとなっています。
そのため、株価というのは自然と収まるべきところに最終的には収まるようになっているのですが、資金力のある人間であれば自由に株価をコントロールすることができます。
どんどんと株を買い上げていって株価を吊り上げることもできれば、逆に厚い売り注文を並べて株価の上昇を抑え他の投資家に持ち株を投げさせて株価を下落させるといったことまで可能となっています。このような相場操縦に値する行為は法律では禁じられていますが、実際には時折人為的に操作された仕手株というのをメにする機会は少なくないものです。
それではどのような銘柄であっても仕手株化されるのかというと、そのようなことはなく仕手株をするためには一定の条件を満たさないと、自由に株価をコントロールすることができないのでその条件に満たないものは仕手株化しづらいといえるのです。小糸製作所や広銀に大塚ホールディングスといった銘柄は東証一部の銘柄で規模も大きく、資金力がある仕手筋といえども容易に株価をコントロールすることが出来ません。
無尽蔵に資金があるというのであれば、これらの銘柄であっても自由に株価を動かすことはできるものの現実的には、そこまで資金力がある仕手筋というのはほぼ存在するものではありませんから、このような大型の銘柄というのは仕手株に選ばれにくいものとなっているのです。
そのため、仕手筋に振り回されたくないと考えるのであれば、このような大型の銘柄を中心に投資をすることで仕手筋に振り回されるリスクを抑え安定した投資をすることができます。

関連記事