• ホーム
  • ショーボンドホールディングスや丸三証券は仕手株?

ショーボンドホールディングスや丸三証券は仕手株?

ショーボンドホールディングスや丸三証券は突如として大きく上昇した時期があり、仕手株になったのではと思う人もいるかも知れませんが、業績が好調で突如として株価が伸びる銘柄というのは業績が良いのに対し、株価が放置されてたので見直しがはいった時に買いが買いを呼びやすい状態になっているだけで仕手株ではないことのほうが多いものとなっています。もちろん、そのように急上昇する銘柄というのは仕手筋や機関投資家たちにとっても狙い目であるため、そのような筋が参戦してきて強大な資金力で一時的に株価を乱高下させ利鞘をかっさらっていくということはあっても、計画された仕手株とは異なる可能性のほうが高いものとなっています。
そもそも、ショーボンドホールディングスにしても丸三証券にしてもしっかりとした業績がある企業であるため、このような銘柄を仕手株化しようとしても、効率が悪く仕手筋としてもあまり狙うような銘柄ではないのです。業績が良好な銘柄というのは株価がそのままになっていたとしても、誰かが買い集めようとするとそこで注目を集めてしまい、株価が上昇してしまうことになります。
仕手株を成功させるには株価を吊り上げることも重要ですが、十分な利益に出るだけの株を買い集めることも重要となりますから、この二銘柄のように買い集めようとすると株価が上がってしまう銘柄というのは、仕手株に適さないものとなっています。
そのため、これらの銘柄が急騰をしたとしても仕手株化されたのではなく、単に注目を集めただけという見方のほうが自然となります。
ただし、だからといってリスクがないかというとそのようなことはなく、仕手筋が入らずとも過熱気味に株価が上昇するということはありますから、仕手株ではないからといって加熱した銘柄に飛び乗るのはリスクが有ることを覚えておきましょう。

関連記事