• ホーム
  • イヌイ倉庫や日本金銭機械が仕手株になる可能性

イヌイ倉庫や日本金銭機械が仕手株になる可能性

日本金銭機械と現乾汽船のイヌイ倉庫はどちらも中規模の企業であり、株価も横ばいで大きな動きというのはあまりありません。
それだけに突如として株価が吹き上がった時には、仕手筋が入ってきた可能性が高いものとなっています。仕手筋が好む銘柄というのは時価総額が少なく株価の吊り上げが行いやすいことと、株価を買い集めやすいというふたつの条件が揃っている銘柄であり、どちらの銘柄にしても大きな資金力があれば株価の吊り上げを行うことは難しくなく、また株価の買い集め自体もそれほど苦労をするようなものではないので仕手株化する可能性というのは十分にあるものとなっています。日本金銭機械に関してはやや株価が下落基調であり、底抜けをすれば大きく株価が下がれば株を買い集めやすい状況となりより一層狙われやすい状況となります。
しかし、赤字企業ではないので一定の買いが入ることもあり、現在の株価水準が保たれる可能性もあることから、今の状況では仕手筋に狙われにくい状態ともいえます。
ただし、仕手株というのは誰にもわからないように行われるものですから、今はありえないと思うような銘柄が突如として急騰するということもあるため、実際のところは仕手株になるのかどうかということは判断することができません。
乾汽船に関しては赤字になることもチラホラと見受けられ、株価も横ばいであることから時折怪しげな動きを見せることもあり、こちらは日本金銭機械よりも仕手株が入る可能性の高い銘柄となっています。
仕手株化される前に購入をしておいて、吹き上がった時に売ればいいと考える人もいるかも知れませんが、仕手株化されるかどうかというのは不確定要素が高く、それに加えてその前に下落してしまう可能性も高いので仕手株を期待しての投資というのは効率が悪いものとなってしまいます。

関連記事