• ホーム
  • すき家や豊田自動車は仕手株に選ばれづらい

すき家や豊田自動車は仕手株に選ばれづらい

すき家のゼンショーグループや豊田自動車というのは、仕手株に選ばれづらいものとなっています。
それではすき家のゼンショーグループや豊田自動車では、仕手株にするのが不可能なのかというとそのようなことはなく、十分な資金力があれば不可能なものではありません。
しかし、時価総額が2000億円に満たないすき家のゼンショーグループであればまだしも、時価総額が30兆円近くある豊田自動車の株価を思うがままに操作するだけに資金力を持った集団というのはありえない話であるため、豊田自動車のように超大型銘柄は仕手株に選ばれづらいものとなっているのです。仕手株というのは安く買った株を自ら株価を吊り上げて、そこに食いついてきた投資家に売りぬいて高値でさばく方法ですから、規模が大きな銘柄ともなれば株を仕入れることは可能であっても、値を吊り上げるということが実質不可能なものとなってしまいますから、大型の銘柄というのは仕手株になりにくいものとなっているのです。
そこで、仕手株に選ばれやすい銘柄というのはどのようなものかというと、豊田自動車などとは全くの逆で時価総額が小さく取引量も少なく、あまり注目を集めていない銘柄となります。
注目を集めていない銘柄というのは急に株価が上昇するようなことがあれば、多くの人の目に留まるものですから、安く株を買い集めてそこから大きく株価を吊り上げ市場の注目を集めるというやり方をしやすいものとなっています。
市場の注目を集めることができれば、後は一般の投資家などがこぞって買いをいれてくれますから、後はその買いにたいして安く購入した株を売りつければ、仕手筋は大きな利益を手にすることができるということになるのです。

関連記事