日本の紙幣

仕手株という言葉をご存知でしょうか。
仕手株とは、ある投資家たちが意図的に株価を急騰させたり下落させたりした形跡が見られる銘柄のことを言います。
この時株価が下落した超低位株のことを、通称ボロ株と言います。
この仕手株を見抜くことによって利益を得ることや逆に損失を防ぐことができるのですが、第三者が意図的に操作している銘柄のため仕手株には常に危険が伴っていることを憶えておいてください。
多くの仕手株の場合、その相場を形成するに当たり、種玉と呼ばれる低い価格で取得されている株券を支配しています。
それは、市場から集められることもありますが、大口の投資家から取得される場合もあります。
浮動株と呼ばれる、市場で流通している、大口投資家が持っていない株を集めるために、大きな値動きをさせずに株券を買い集める仕込みと呼ばれる期間が必ずあります。
その期間は場合によっては、数年にも及ぶ場合がありますが、特定の価格帯で株価が動いているような期間が長いものは要注意です。
見つけ方のひとつはこれです。
さらに、株価が上昇しだすと空売りが積まれてきます。
これは、理由も無く株価が上昇している事で、割高と考えた投資家が空売りを入れてくるためですが、それを見せかけるために仕手株を仕掛けている主体が空売りを積む場合もあります。
信用残特に空売りの増加に注意する事が見つけ方のひとつです。
また、仕手株は主体となる投資家以外の投資家を提灯筋と呼びますが、この提灯筋をどう利用するかが仕手株を操作する側のテクニックでもあります。
そのため、相場が終わったと思わせる「振るい落とし」と呼ばれる、急落が上昇過程で行われる場合があります。
このような値動きをチェックする事も仕手株の見つけ方です。
振るい落としが終わると、仕手株は最後の仕上げへと動きます。
最後の急騰を演じたところで飛び乗ってきた提灯筋に売りをぶつける事で、相場は終了する事になります。
また、このような意図的な操作がなされないのに、自然発生的にこのような相場展開を演じる銘柄もあります。
これを仕手化したと呼びますが、自然発生的に起こったことなので仕手株と分類されることはほとんどありません。

記事一覧
日本円とグラフ

株式投資を行うときになによりも重要になるのは情報です。 情報を持っておくことで、リスクを回避すること...

株式のグラフ

かつて株取引と言えば、資産を持つ金持ちがより資産を増やすために行うもので、庶民には縁遠いイメージがあ...

グラフを分析するビジネスマン

株式投資を行うときに必要な能力のひとつにチャート分析があります。 企業の株価を分析することによって、...

色々なグラフ

株式投資を行う場合には、仕手株と呼ばれる手法に関して知っておくといいです。 初心者の人が仕手株に手を...